貧乏生まれの貧乏育ちが貧乏神じゃない神様と会う

私は貧しい家庭で育ちました。同じ環境で育った兄弟は貯蓄や資産運用が趣味なんじゃないかと思う程にため込んでいるのに、それに比べて私は貯金や貯蓄とは無縁の生活を続けているんです。

父親は宵越しの金は持たないタイプで、私は父に似てしまったのかもしれないです。貧乏神がついているのかもしれないと思うくらい、急にお金が必要になるんです。
モビットの審査に落ちない為には

そんな時、いつも感じているのは「助けてくれる神様」がいることなんです。

来月は生活出来ないかもしれない、お給料まで300円しかないと困っていると、必ず誰かが助けてくれるんです。「明日、日払いのバイトやらない?」とか「こんな仕事あるんだけどやってみない?」とか「この前の御礼に商品券あげる」とかで乗り切る事が出来るんです。毎回、不思議だなと感じる出来事です。

このページの先頭へ